御茶ノ水散歩 (^^)

聖橋から見える光景だよ。ね、雲一つない青空でしょう♪
聖橋から見える光景だよ。ね、雲一つない青空でしょう♪

昨日、青空がまぶしい晴天でしたね。

私、お買い物の用事があって、御茶ノ水まででかけたんだぁ。

気持ちが良い天気だったから、駅の近くをお散歩したよ。

そしてビックリ(゜∀゜)!

 

「聖橋」という橋を渡ったところに、「日本の学校教育発祥の地」があったんだよ。

 

みんな知っているんだよね?

私は全然知らなかった…。

 

「湯島聖堂」って言う場所なんだけど、

敷地内を歩くと、合格祈願の絵馬があって、

2枚の板がしっかりと結ばれているのを発見。

 

何を祈願したのか、他の人が読むことはできないようになっているんだ。

 

神社で、何を書いてあるか読める絵馬が掛けてあったりするでしょう。

ここではそれができないの。

それほど強い願いや思いが込められている絵馬なんだね、きっと。

 

 

私、「絵馬は売店に売られている」って最初わからなかったから、

「大成殿」の前に置かれていた箱にお賽銭を入れて、お祈りしたんだ。

 

こんな風にね。

  

「成功の反対は失敗ではなく、チャレンジしないことだから、私頑張る。

 ●●●に合格しますように、どうぞよろしくお願いします」

 

●●●はヒミツね。

だって、それをOPENにしたら「祈願」にならないんだもん。

絵馬と同じで、私と学問の神様のみぞ知るってことだよ。

 

それから少し歩くと、またビックリ!

 

儒教の祖「孔子」の像が建っていて、

もう一度解説版をじっくり読み返しちゃった。

 

私が祈願した場所は孔子廟(こうしびょう)だったんだね。

孔子を祀っている霊廟(霊を祀る建物)だったんだ。

 

孔子廟は「儒学の学校に建てられるのが一般的」だから、

ここがその昔、学校だったってことがわかるよね。

 

(湯島聖堂の解説はココを読んでね!)

 

そう言えば、孔子の言葉を学校で習ったことがあって、それを思い出しちゃった。

 

子曰、過而不改、是謂過矣。

 

現代語訳にすると…

「孔子がおっしゃいました。

 過ちを改めない。これこそ過ちですよ」

英語ならこれかな。出典はココだよ。

Confucius said, 

A person who commits a mistake and doesn't correct it is committing another mistake.

 

いい言葉だなぁ、って思う。

 

私なりに解釈すると「失敗しても、それを素直に認めることが大事だ」って教えなのかも。

 

そうだ。そうだよね。

 

「チャレンジする前から怖れちゃだめ!

 明るく前向きに、今の自分ができる最大限の力をぶつけて

挑戦することが大事なんだよ。

 万一そのチャレンジが成功しなくても、

その失敗を素直に認めて、

 勉強しなおして、

再チャレンジすればいいんだから。

今は全力を出し切って挑戦しなさい」

 

って、子の教えなんだね、きっと。

 

とにかく、前向きに頑張る!

 

皆さんも何かにチャレンジすることがあって、

祈願しようと思ったら、湯島聖堂に行ってみてね(^^)/

きもちが洗われるスポットだよ。

〔15 April, 2014〕

お店の情報♪

■住所

〒169-0075

東京都新宿区高田馬場4-9-11

藤和高田馬場コープⅡ 301号室

■TEL 

03-6908-9797〔ご予約ください〕

■営業時間

13:00~24:00まで〔閉店時間変更〕

■定休日

無休〔6.1営業を再開しました〕

■アクセス

高田馬場駅徒歩1分

(早稲田口改札出て左へ)