七夕

天の川の写真です。撮影地は鳥取県。撮影者は「フォト僧」さん(Downloadサイトはhttp://www.photolibrary.jp/です)
天の川の写真です。撮影地は鳥取県。撮影者は「フォト僧」さん(Downloadサイトはhttp://www.photolibrary.jp/です)

じつは今日の未明、七夕だったんだよね。

私、今夜が七夕だと思ってたけど、本当は7.6の夜から7.7の夜明け前に

「神事」が行われるんだって。午前1時ころ、もっとも星座がよく見えるから…。
みなさんは、短冊に願い事を書きましたか?

私…高田馬場にあるパチンコ屋さんの店頭で書いちゃいました。ははは。

 

ところで、七夕の舞台「天の川」は英語で「Milky Way(ミルキーウェイ)」て言うんだ。

なぜ英語だとミルキーウェイなのかな?

直訳なら「乳の道」なのかな?

 

すごく気になっちゃったから調べました。

 

理由は伝説・神話によるんだって。


●東アジア圏では、天の帝王(天帝)の娘「おりひめ(織り姫星)」と

 牛使いの「けんぎゅう(彦星)」の伝説があります。

 二人は天帝に許されて愛し合うんだけど、

 天の川のほとりでイチャイチャしすぎて、天帝の怒りにふれてしまいます。

 「お前達はイチャイチャしすぎだ。働きもしないで何事だ!

  許さない。これからは1年に1度しか会わないように。ワシが決めた。絶対じゃ」

 

昔は働き者だった二人…。

恋におぼれたんですね、自業自得かな。

 

●ギリシャ神話(西洋)では、全知全能の天空の神「ゼウス」が

 半神半人の戦士「ヘラクレス」が生まれたころ、

 女神ヘラ(ゼウスの正妻)のおっぱいを飲ませて不死身の体にしよとしました。

 でも、ヘラは自分の子ではないその赤ちゃんを嫉妬から憎んでいた。

 夫の命に従わないので、ゼウスは妻が寝ている間におっぱいをあげようとしたんだけど、

 ヘラクレスのおっぱいを吸う力が強くて、その痛みで目覚め、赤ん坊の彼を突き放す。

 で、そのときに飛び散ったミルクがミルキーウェイになったという話。

 

なんだかちょっと怖い…ね。

 

どちらも天文学では「銀河」。
流れる川と見立てるか、流れるミルクと見立てるか、

その違いはあるけど、

西洋も東洋も銀河を見て、それを「液体」にたとえたってことは…

それほど星たちが満天に広がり、

その無数の星がひときわ帯状に流れていたんだろうな、夜空に。

 

そう、遠い昔はどこでも星空がクッキリ見えて、すごかったんだろうなぁ。

だから、古代人はいろんなストーリーを作ったんだろうなぁ。

そして、今もその伝説や神話が生きている…これってスゴイと思わない?

 

ふう~、調べて疲れちゃった。ははは。

 

7.7未明の七夕の星空を見逃しちゃったけど、

8.13、そうお盆の時期が「伝統的七夕」なんだって。

今度は夜空を見上げて、星に願いをかけようっと!

古代の夜、伝説や神話をイメージしながら…ね。

 


*七夕のことをいろいろ知りたい人はココを見てね!

 そこで、知ったんだけど、夜空で星を探すアプリがあるんだって。 

 空のキレイな、夜が暗いところへ行ったら、これ楽しいね、きっと。 

iPad専用モバイルプラネタリウム「iステラ HD」

iPhone用モバイルプラネタリウム「iステラ」

Android端末用の星座早見アプリ「スマートステラ」

Windows 8用星座探索アプリ「M+Stellar(エムステラ)」

 

 

お店の情報♪

■住所

〒169-0075

東京都新宿区高田馬場4-9-11

藤和高田馬場コープⅡ 301号室

■TEL 

03-6908-9797〔ご予約ください〕

■営業時間

13:00~24:00まで〔閉店時間変更〕

■定休日

無休〔6.1営業を再開しました〕

■アクセス

高田馬場駅徒歩1分

(早稲田口改札出て左へ)