裸の王様

舞です。

昨夜仕事が終わって家に帰ると、珍しいことに、父が起きて待っていました。

そして、父が「幼いころ読んでいた童話が出てきたからあげる」って。

(でも、どうして今? なぜ、私が幼いころに読んでくれなかったのかなぁ。ま、それはどうでもいいや)

 

私、さっそく、読んでみました。

「裸の王様」。

じつは私、船橋にあるアンデルセン公園に大人になって行ったことがあって、

そこで「帝王さまの新しい服」というタイトルの翻訳版を読んだことあるんです。

私の覚えているその筋書きと違って、このひらがなだけの幼児向けの絵本では、

最後がハッピーエンドになっています。

 

翻訳版の最後のほうは確か…

「帝王様は何も着ていない」と小さな子どもが言い、

それをその子のお父さんがフォロー(観衆に我が子の声を聞いてくれ、みたいな)、

そしたら周囲の大人たちも「帝王様は何も着ていない!」って大合唱。

帝王自身も「みんなの言うことが正しい」と知ったにもかかわらず、

「王様の威厳を保たなければ」と思い、それまで以上に胸を張ってパレードしたとか…。

侍従たちも王様に助言することもなく、ありもしない服を持ちながら歩いたとか…。

そんな内容だったと思います。

 

父がくれた絵本の中では、

「王様は恥ずかしくなってお城へ帰った」だって。

そして、子どもをお城へ招き入れ、

「本当のことをよく言ってくれた。ありがとう」と言い、ご褒美をあげたって書いてあります。

 

翻訳版のほうが「原本」に忠実だと思うけど、

改編された絵本のストーリーのほうが私は好き。

 

「正直者は馬鹿を見る」って言葉がありますよね。

「正直は一生の宝」という言葉もあります。

 

馬鹿正直だと損をするかもしれないけれど、それでも、私は、正直であることを宝物にして生きていたいなぁ。

 

この物語、王様(帝王)が民のお金や作物を搾取して、

裕福に暮らしている時代の物語なんだろうけど、現代にも通じる話ですよね。

 

「正直さを無垢な子どもの特権」だけにするんじゃなくて

(子どもだって不正直なことあるもの、私もそうだったし…ウソだってつくし…)

大人たち(私も)、正直さを大事にして、胸を張って生きたいと思いました。

 

わあ、ちょっと真面目な日記になっちゃった。

でも、童話って、大人が読んでも考えさせられることがあるんですよね。

お父さん、ありがとう♪

 

(皆さんにも読んで欲しくて、写真撮ってみました。読めるかなぁ)

 

お店の情報♪

■住所

〒169-0075

東京都新宿区高田馬場4-9-11

藤和高田馬場コープⅡ 301号室

■TEL 

03-6908-9797〔ご予約ください〕

■営業時間

13:00~24:00まで〔閉店時間変更〕

■定休日

無休〔6.1営業を再開しました〕

■アクセス

高田馬場駅徒歩1分

(早稲田口改札出て左へ)